お知らせ TOPページ 劇団プロフィール 劇団員プロフィール 以前の公演 日記




<闇夜に花の咲くような>
新宿シアターブラッツ 2009年10月29日(木)〜11月1日(日)
闇夜に花の咲くような 闇夜に花の咲くような2
濱田:
ハマキヨ第10回公演って事は、なんと、ハマキヨの10周年記念公演って事になります!

いや〜、10年もよく続いたもんだなぁ。(感慨…)

それより何より、池田先生、このお馬鹿な劇団によく10年もお付き合いいただいております!
本当に有難うございます!!本当に、本当に感謝致しております!
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます!m(__)m
お馬鹿ばんざ〜い!

さて今回のテーマは“大衆演劇”
つまり、踊りがあり、当然時代劇が基本のどさ回り芝居がテーマとなる訳です。
しか〜し!僕は踊りが出来ない! 又我々には時代劇をやる為の予算もない!(鬘や時代劇の衣装ってお金かかるのよ…)
と言う事で、ハマキヨは通常、稽古期間が2週間と決まっているのですが、今回だけは、踊りの稽古を別枠で日数を取りました。
とは言え、短期間には変わりはありません。
そんな短期間で、踊りがどうとなるものでもなく…
ここでもやっぱり池田先生って、本当凄い。
短期間で何となく形になる様に作り上げちゃう。もちろんわかる人にはわかるけど、ぱっと見、うまくできちゃって見える。
「これはインチキやで!これ終わったら然る所行ってちゃんと教わってこいよ!」とおっしゃっておりましたが、 本当、先生ってどこからこう言うアイデアを捻り出すんだろう…。
さらに衣装は浴衣だけで鬘も使わない!ないなら、ないなりに見せてしまう!
むむむむ… 流石。

この公演では、劇団NLTさんより、初参加の佐藤まりさん
前回の『オチの後で』で、お嬢役が大好評だった藤川恵梨ちゃんのお2人の他に
ハマキヨ3回目の出演となる中村俊洋君、彼の声優の後輩であります佐藤雄大君
もちろん名誉座員飛田さんに参加いただきました。


縁と言うのは不思議なもので、テーマが大衆演劇と決まったこの年、 今まで何の繋がりもなかった、松井誠劇団と沢竜二劇団(どちらも老舗の大衆演劇の劇団)から出演のオファーがありました。
残念ながら、スケジュールの都合で、松井誠劇団さんは出演出来なかったのですが、沢さんの劇団にお世話になる事になりまして、
ハマキヨに先じて、生の大衆演劇体験をする事が叶いました。
さすがにショーは出ませんでしたが、大衆演劇の世界をばっちり体験する事が出来ました。
ハマキヨの本番では、これが生かされていた?と思います(思いたい…)


この年、毎年ハマキヨのチラシの題字を書いていただいていた書道家の中野翠畦先生がお亡くなりになりました。 享年85歳。
2週に一回は電話がかかってきて一緒に呑んでいたジジ。
この公演を観てはもらえませんでした。
『闇夜に花の咲くような』
本当に素敵な題字を遺してくれました。
有難うございました。
心より御冥福をお祈り致します。



闇夜に花の咲くような 闇夜に花の咲くような 闇夜に花の咲くような 闇夜に花の咲くような 闇夜に花の咲くような



清河:

今回のテーマは「大衆演劇」。大衆演劇には日舞がつきものです。
ってことで今回は日舞を披露することになりました。毎度のことながら不器用なハマキヨは日舞も不器用。汗だくになって稽古しました。
出演者みんな汗だくになって稽古するのは当然なのですが、一番稽古場で踊っていらしたのは池田先生。
だって今回は芝居の作・演出だけでなく、振付まで担当されたんですよ!
前作と今作は和風なセットでした。それがすごく素敵でした。
舞監の晋さん感謝です!
ハマキヨってホント、まわりの方に恵まれてるなー。